So-net無料ブログ作成
検索選択

代打平尾の逆転打で阪神に圧勝! 熊代、プロ初打点! [ライオンズ]


[猫]屋敷でのセパ交流戦の最終戦、前日に続いて対阪神戦です。[チケット]がファンクラブ先行発売日初日の午前中に殆ど売り切れたという今日の試合、先発はライオンズが19歳プロ初登板の雄星、阪神は去年まで3年連続で開幕投手を務めた安藤。両チームの先発投手の実績は月とスッポンでした[あせあせ(飛び散る汗)]

今年の交流戦名物のOB対決。この日は最終日ということで、渡辺監督と真弓監督が対戦します。結果はセカンドゴロ。先日の広島戦のOB対決ではエラーした片岡ですけど、渡辺監督が投げた時にエラーしたら二軍落ち[手(パー)]。この日はしっかりファーストに送球してアウトにしました。



雄星は1回表1アウト満塁のピンチに暴投で1点を失います。

しかしライオンズ打線もすぐに反撃。2回裏銀仁朗のタイムリーで同点に追いつくと、熊代のプロ初打点となるタイムリーで逆転。さらに栗山にもタイムリーが出ます。続く中島裕之もヒットで続き、阪神先発の安藤を早くもKOします。

それでも雄星はピリっとせず、3回表に元ライオンズのブラゼルのタイムリーなどで同点に追いつかれ、マウンドを2番手の平野将光に譲ります。平野は1アウト満塁で金本に犠牲フライも打たせず打ち取りますが、直後に暴投。この回も暴投で勝ち越しを許してしまいました。

5回表、1アウトからブラゼルの打球はライトへのホームラン性の当り。これをライト熊代がジャンプしてキャッチします。



5回裏、ライオンズは反撃に出ます。この回から登板の3番手、ドラ1ルーキーの榎田を攻め、3四死球で1アウト満塁として、今季初出場の星秀和に代って代打に千両役者平尾平尾は見事期待に応えて逆転の2点タイムリー[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]



その平尾の代走秋山が盗塁して銀仁朗がスクイズ。記録は犠打(スクイズ)+投手野選となりましたけど、打球を処理したピッチャーがどこにも投げていないので、なぜ野選になったのか疑問です。内野安打か、犠打+エラーだと思うんですけど。。それはともかくオールセーフになり、熊代が犠牲フライを打ってこの回4点目。7-4とリードします[手(チョキ)]

3回表途中からリリーフした平野将光は5回表6回表と阪神打線を三者凡退に抑えますが、7回表1アウト満塁のピンチを招いてマウンドを江草に託します。江草は元ライオンズのブラゼルに犠牲フライを打たれ、ミンチェに交代。ミンチェはさらに2アウト満塁のピンチを招きますが、金本をセカンドゴロに抑えてこの回最小失点で切り抜けます。

ミンチェは8回表も阪神打線を三者凡退。8回裏ライオンズはこの回から登板の西村憲を攻め、片岡のタイムリー中島裕之のタイムリー、さらに2アウト1,2塁から代打フェルナンデスが右中間にタイムリー。このヒットで二塁走者に続いて一塁走者の中島も一気に生還。中島の激走で2点タイムリーとなり、ライオンズは二桁得点。

9回表もミンチェが続投し、2アウト1,2塁のピンチを招きますが、最後は関本賢太郎をショートゴロにしとめて[1][1][4]でゲームセット。

平野将光は今季初勝利、ミンチェは日本での初セーブとなりました[わーい(嬉しい顔)]


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。