So-net無料ブログ作成
検索選択

ソフトバンク、逆転負けで崖っぷちψ(`∇´)ψ [パリーグ他球団]


パリーグCSファイナルステージは、リーグ優勝チームの日ハムが札幌ドームにソフトバンクを迎えて行われます。第1戦の先発は、日ハムは去年までの3年間勝ち星が無かったのに今年は14勝と急成長した吉川光夫。ソフトバンクは陽耀勲です。

1回表ソフトバンクは本多が出塁するものの無謀に盗塁を試みて失敗。同時に打者内川も三振で三振ゲッツーとなりチャンスの芽を潰します。4回表にも走者を出しますが、4番ペーニャがショートゴロ併殺打。さらに6回表にも走者を出しながら松田がセカンドゴロ併殺打と、6回まで3併殺の拙い攻撃が続きます。

それでも7回表、ソフトバンクが2点を先制します。

直後の7回裏、日ハムは糸井の2ランで同点に追い付き、陽耀勲をKO。



さらに2番手藤岡好明を攻め、2アウトから代打二岡のタイムリーで逆転します。



8回表は増井が登板。2アウト1、2塁と一打逆転のピンチを招きますが、3番内川をセカンドゴロに打ち取ります。

9回表は武田久が三者凡退に抑えてゲームセット。

日ハムは終盤の鮮やかな逆転劇で、アドバンテージを含めて2勝0敗となり、ソフトバンクは崖っぷちに追い込まれました[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。