So-net無料ブログ作成
検索選択

オリックス、ソフトバンク東浜を轟沈して連敗脱出! [パリーグ他球団]

京セラドームでのオリックスvsソフトバンク戦。オリックスは主力がことごとく故障離脱する異常事態になっています[あせあせ(飛び散る汗)]。そんな中、今日の先発はプロ2年目の東明。ソフトバンクの先発は超鳴り物入りで入団して未だプロでは5勝の東浜です。

ソフトバンクは1回表に1点を先制します。

それに対しオリックスも糸井のヒットなどで2アウト1、3塁とし、坂口のタイムリーですぐに同点に追いつきます。



ソフトバンクは2回表には先頭打者のソロホームランで再び1点を勝ち越します。

3回表には今宮が内野安打で出塁しますが、伊藤光がその今宮の盗塁を刺します[exclamation]



オリックスも3回裏、1アウトから四球と糸井のヒットでチャンスを作り、カラバイヨがタイムリーを放って同点。



5回裏には糸井の猛打賞となる二塁打で2アウト2塁とすると中島裕之は歩かされますが、続く小谷野がタイムリーを放って勝ち越し。さらにプロ4年目、JR東日本出身の川端崇義がタイムリーツーベースを放って5-2とし、東浜をKOします。



6回裏はソフトバンク2番手の飯田優也を攻め、四球を選んだ安達が二盗、三盗を続けて決めて1アウト3塁とし、カラバイヨがしっかりと犠牲フライ打ち上げて6点目。



まさにオリックスらしい野球です。

ソフトバンクも7回表に先頭打者が出塁しますが、後続の5番イデホ、松田、明石が3者連続三振[exclamation]



8回表にも先頭打者が出ますが、続く高田知希がセカンドゴロ併殺打に倒れます。

東明は8回5安打6奪三振2失点とソフトバンク打線を抑えて降板。9回表は馬原が登板し1点を失いますが、なおも2アウト1、3塁のピンチには明石を三振に斬ってゲームセット。

ソフトバンクは3位に転落しました[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。