So-net無料ブログ作成
検索選択

石川雅規が読売打線を完封!! [セリーグ]



(この記事はblogの管理上、タイムスタンプを変更してあります。)

昨日は延長の末川端慎吾のサヨナラタイムリーで劇的な勝利をおさめたヤクルト。今日も神宮球場に読売を迎えての試合です。先発はヤクルトが石川雅規、読売が田口麗斗。

読売は1回表、先頭打者が出るものの続く片岡が送りバントを失敗して併殺打。その後2アウト2塁となるも4番坂本がセカンドゴロ。チグハグな攻撃で得点出来ません。

それに対しヤクルトは1回裏、2四死球で1アウト2、3塁とすると、田口麗斗のボークで三塁走者が生還。ノーヒットで先制します。さらに雄平のタイムリーで2点目。畠山の二塁打で1アウト2、3塁とし、飯原が犠牲フライ打ち上げてこの回3点を取ります。

読売は3回表にも1アウト2塁としながら長野がセカンドゴロ。2アウト3塁となりますが片岡もセカンドゴロで無得点。

ヤクルトは3回裏、荒木貴裕の内野安打と田口麗斗の暴投に2四球で1アウト満塁とし、飯原が2点タイムリーを放って5-0とリードを広げます。

読売も5回表2アウト1、2塁としますが、長野が三振に斬られてまたも無得点です。6回表にも2アウト2塁のチャンスにアンダーソンが三振。8回表にはノーアウト2塁としながら、長野はセカンドゴロ。1アウト3塁となりますが、片岡と3番橋本到が連続三振でまたまたチャンスを潰します。

石川雅規は9回表のマウンドにも上り、最後は村田修一をセカンドゴロに抑えてゲームセット。9安打無四球5奪三振と読売の自称「史上最強打線」を完璧に抑えて見事な完封勝利。2位読売と2ゲーム差と広げました[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。