So-net無料ブログ作成
検索選択

カープ、21安打の猛攻!! 鬼門の福岡ドームでソフトバンクに連勝\(=⌒▽⌒=)/ [セパ交流戦]

昨日は福岡ドームで5年ぶりの勝利をあげた広島、今日もソフトバンクとの一戦です。先発は広島がジョンソン、ソフトバンクはスタンリッジ。

広島は1回表1アウトから菊池涼介が三塁打を打つと、シアーホルツが6号2ランを叩き込んであっさり先制します。

3回表には2アウト走者無しからエルドレッドのヒットと松山の二塁打でチャンスを作り、鈴木誠也のタイムリーで3点目。

ソフトバンクも3回裏に走者を出しますが、中村晃の盗塁を石原が刺します[exclamation]

広島は4回表、2アウトから丸が7号ソロを叩き込みます。



5回表には2アウトからJR東日本出身プロ2年目の田中広輔がヒットを打ちますが、この回は得点には至りません。

ソフトバンクも5回裏1アウト2塁としますが、吉村はセカンドゴロ、去年のチーム最多安打の中村キラもサードゴロに倒れます。

それに対し広島は直後の6回表、ソフトバンク2番手の二保を攻め、石原のヒットと丸のヒットでチャンスを作り、菊池涼介が猛打賞となるタイムリーツーベースシアーホルツがタイムリーエルドレッドもタイムリーツーベースと3者連続タイムリーで7-0と試合を決定付け、二保もKOします。

ジョンソンは6回裏に自らの暴投で1点を失いますが、続く2アウト1、3塁のピンチには江川智晃をショートフライに打ち取ります。

広島は7回表にはこの回から登板のソフトバンク4番手の寺原から、2アウト走者無しから菊池涼介が今日4本目のヒットを打ちますが、得点はなりません。

しかし8回表にはエルドレッドの猛打賞となるヒットと松山のこれも猛打賞となるヒットで1アウト1、2塁としさらに四球で満塁。木村昇吾のタイムリー内野安打で8-1とします。

ジョンソンは7回5安打3四球1失点とソフトバンク打線を完璧に抑えて降板。8回裏は大瀬良が登板。2点を失いなおも2アウト2、3塁のピンチでしたが、ここでリリーフした中崎翔太が代打明石を三振に斬ります。

広島は9回表にはこの回から登板の森福を攻め、丸が猛打賞となる8号ソロを叩き込みます。さらに途中出場のルーキー野間がヒットを打ちますが、得点にはなりません。

中崎翔太は9回裏も続投。簡単に2アウトを取ると最後は高田知季を三振に斬ってゲームセット。[9][3]で広島の完勝でした[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。