So-net無料ブログ作成
検索選択

二桁得点の猛攻で圧勝!! [ライオンズ]


今日からは[猫]屋敷に日本ハムを迎えての2位攻防戦。その第1ラウンド、ライオンズは今季まだ勝ちが無い岸、日本ハムは早稲田出身のルーキー有原が登板します。

ライオンズは1回裏、秋山翔吾が三塁打を打ち、栗山巧の犠牲フライで先制します。



2回裏には森友哉の二塁打とレフト西川のエラーで1アウト2、3塁とします。



ここで鬼崎の犠牲フライで2点目。



日本ハムも3回表、高卒ルーキー淺間の二塁打などで2アウト3塁とし、中島卓也のタイムリーで1点差に追い上げます。



しかしライオンズは直後の3回裏、秋山翔吾が7号ソロ



1アウトからヒットで出た浅村が盗塁を決め、おかわりくんがタイムリー



メヒアも15号2ランで6-1とリードを広げます。



日本ハムは6回表、中田翔の二塁打でチャンスを作り、大谷翔平のタイムリーで1点を返します。

有原は5回10安打6失点で降板。6回裏は斎藤佑樹が登板しますが、ライオンズは秋山翔吾がサイクルリーチとなる二塁打で出ると栗山巧がタイムリー。栗山は二塁を欲張ってアウトになりますが、浅村が8号ソロを叩き込んで8点目。



おかわりくんが猛打賞となる二塁打を打ち、メヒアも猛打賞となるタイムリーツーベース森友哉もまた猛打賞となる13号2ランで二桁得点の11点目が入ります。



岸は6回5安打2失点で降板。7回表はバスケスが登板しますが、日本ハムは岡の二塁打などで2アウト3塁とし、西川がタイムリー。

ライオンズは7回裏にはこの回から登板の来日初登板ライブリーを攻め、四球とおかわりくんの内野安打で1アウト1、2塁とし、脇谷のタイムリーで12-3とします。

バスケスは8回表も続投し、田中賢介と近藤健介のヒットに四球で1アウト満塁のピンチを招きますが、岡を三振に斬ると淺間もファーストゴロに打ち取ります。

ライオンズの9回表のマウンドには宮田が上がります。22歳の代打石川慎吾に1号ソロを浴びます。



しかし後続を打ち取って[1][2][4]でライオンズの圧勝でした[わーい(嬉しい顔)]。岸は今季初勝利です。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。