So-net無料ブログ作成

三浦大輔炎上でDeNAボロ負けψ(`∇´)ψ。藤浪が12奪三振の快投!! [セリーグ]


ハマスタのDeNAvs阪神戦。今年はまさかのDeNA優勝[exclamation&question]と思われたのも「春の珍事」で終り、交流戦で3勝14敗という漫画みたいな成績で急降下したDeNAはプロ24年目のロートルベテラン三浦大輔、阪神は21歳の藤浪が先発します。

藤浪は1回裏、石川雄洋と梶谷を連続三振に斬るなど三者凡退で上々の立ち上がり。

2回表には鳥谷の二塁打で2アウト2塁とすると、その藤浪自らのタイムリーツーベースで先制します。

DeNAも2回裏に1点を取り同点としますが、なおも1アウト1、2塁のチャンスには高城が三振。その後2アウト満塁としながら関根がセカンドゴロに倒れます。

それに対し阪神は直後の3回表、2アウトからゴメスが11号ソロを叩き込んで勝ち越し。

立ち直った藤浪は5回裏には関根と石川雄洋を連続三振に斬るなど、好投を続けます。

その好投に応えたい阪神打線は6回表2アウト走者無しから、今成のヒットと四球に三浦の暴投、さらにピッチャーの藤浪も歩いて2アウト満塁とし、上本博紀が満塁走者一層のタイムリーツーベース。三浦大輔は結局、6回6安打5四球5失点と炎上して降板します[わーい(嬉しい顔)]

DeNA打線も6回裏1アウト2、3塁とチャンスを作りますが、バルディリスと倉本が連続三振。藤浪は犠牲フライも打たせず無失点で切り抜けます。

阪神は直後の7回表、DeNA2番手の長田を攻め、1アウトからゴメスが二塁打で出るとマートンがタイムリーセカンド石川雄洋の送球ミスでマートンは二塁に進み、長田をKO。林昌範が登板しますが、鳥谷がタイムリーを放って7点目。

8回表にもDeNA3番手の萬谷を攻め、ピッチャーの藤浪が倒れて1アウトの後、上本博紀と大和が連打で1アウト1、2塁とし、福留のファーストゴロをロペスがタイムリーエラー(後逸)して8点目。

藤浪は8回4安打5四球ながらわずか1失点。二桁の12三振を奪って降板。9回裏は筒井が登板し、倉本、飛雄馬、代打後藤武敏を三振に斬って試合終了。交流戦前にはセリーグ最強を誇ったDeNA打線も、バルディリスの3打席連続三振を筆頭に三振と残塁の山を築くばかりでした[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。