So-net無料ブログ作成
検索選択

カープ、ジョンソンの好投で読売に完封勝ち\(o⌒◇⌒o)/。読売は借金生活にψ(`∇´)ψ [セリーグ]


(この記事はblogの管理上、タイムスタンプを変更してあります。)

市民球場(ズムスタ)での広島vs読売戦。広島はジョンソン、読売は田口麗斗が先発します。

広島は1回裏菊池涼介がヒットで出ると盗塁を決めますが、得点には至りません。

読売は2回表2アウト2塁としますが、村田修一がサードゴロに倒れます。4回表にも1アウト2、3塁と絶好のチャンスを作りながら、長野と阿部慎之助が連続三振。犠牲フライすら打てず、もらったチャンスを活かせません。5回表にも走者を出しながら、田口麗斗の送りバントがキャッチャーゴロ併殺打となり、チャンスの芽を潰します。6回表にはノーアウト1、2塁とするも、3番坂本が送りバントを空振りすると飛び出していた二塁走者立岡が戻れず、キャッチャー石原からの送球でタッチアウト。その後1アウト2塁となりますが、坂本はショートゴロ、4番亀井もファーストゴロでまたもチャンスを潰します。

拙攻の連続の読売に対し、広島は直後の6回裏、2アウトから四球で走者を出すと梵が5号2ランを叩き込んで先制します。

7回裏にはこの回から登板の宮國を攻め、石原の二塁打とジョンソンの内野安打に四球で1アウト満塁とし、途中出場のルーキー野間がタイムリー。2アウト満塁となった所で高木京介が登板しますが、その高木京介がいきなり暴投で三塁走者が生還し、4-0となります。

8回裏は4番手の笠原が登板しますが、2アウトから石原が猛打賞となるヒットで出ると代打松山がタイムリーツーベースを放って5点目。

ジョンソンは8回6安打1四球9奪三振無失点と読売の自称「史上最強打線」を完璧に封じて降板。9回表は中崎翔太が登板し2アウト3塁のピンチを招きますが、最後は阿部慎之助をショートゴロに打ち取ってゲームセット。再三のチャンスを拙攻で潰した読売は完封負けで、借金生活に逆戻りです[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。