So-net無料ブログ作成
検索選択

カープ投手陣、読売打線からプロ野球記録の21奪三振で完封勝利 ψ(`∇´)ψ [セリーグ]

移動日無しで市民球場(ズムスタ)から東京ドームに移動して来た広島、今日からは読売との3連戦です。先発は読売がポレダ、広島はジョンソン、新外国人同士の先発です。

ジョンソンは3回までに4三振を奪う好投。4回裏に1アウト満塁の大ピンチを招きますが、村田修一とカステヤーノスを連続三振に斬り、犠牲フライすら打たせません。5回裏は小林誠司、ポレダ、立岡を3者連続三振に斬り、前のイニングから5連続奪三振です。

広島も7回表に1アウトからJR東日本出身の田中広輔がヒットを打ちますが得点には至りません。

ジョンソンは7回裏にも阿部慎之助とカステヤーノスから三振を奪うなど三者凡退。7回4安打1四球13奪三振無失点と、読売の自称「史上最強打線」を相手に完璧なピッチングで降板します。

8回裏はプロ2年目の大瀬良が登板。橋本到を三振に斬るなど三者凡退に抑えると、大瀬良は9回裏も続投し、坂本と長野を連続三振に斬り、2イニングをパーフェクトに抑えます。10回裏はヒースが、阿部慎之助、村田修一、カステヤーノスを3者連続三振に斬ると、11回裏も続投して小林誠司と堂上剛裕を三振に斬るなどヒースも2イニングをパーフェクトに抑えます。

広島打線は12回表、マシソンから鈴木誠也がヒットを打ちマシソンをKO。山口鉄也が登板しますが、犠打で1アウト2塁とすると、読売バッテリーはここで會澤を敬遠するという愚策。代打小窪のヒットで1アウト満塁となり、菊池涼介のタイムリーで待望の先制点。続く丸もタイムリーで続き、山口鉄也もKOします。

12回裏は中崎翔太が登板しますが、先頭打者に危険球を与え退場[あせあせ(飛び散る汗)]。急遽一岡が登板し、2アウト1、2塁と一打同点のピンチを招きますが、最後は村田修一をショートゴロに打ち取ってゲームセット。[2][0]で広島が見事な延長12回完封勝利です[わーい(嬉しい顔)]

読売打線は広島投手陣の前にプロ野球新記録の21三振を喫して完封負け。特に村田修一は5タコの3三振、カステヤーノスは4打席4三振でした[手(チョキ)]。2イニングを5奪三振のパーフェクトに抑えたヒースが3勝目、一岡は今季初セーブ。一方、マシソンは6敗目ですψ(`∇´)ψ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。