So-net無料ブログ作成
検索選択

ロッテに圧勝で3タテ\(=⌒◇⌒=)/。秋山翔吾は球団史記録の196安打!! [ライオンズ]

ライオンズの2連勝で迎えた幕張球場での対ロッテ3連戦の最終戦。ライオンズは高橋光成、ロッテは大嶺祐太が先発します。

ロッテは1回裏に1点を先制します。なおも2アウト1、3塁と追加点のチャンスでしたが、鈴木大地がセカンドゴロに倒れて1点止りです。

ライオンズは直後の2回表、1アウトから四球と栗山巧のヒットで1アウト1、2塁とし、炭谷が今季第1号の3ランを叩き込んで逆転。



3回表には浅村のヒットなどでチャンスを作り、おかわりくんがタイムリーツーベース



なおも1アウト2、3塁から森友哉がタイムリーで4点目。



栗山巧の犠牲フライで5-1とリードを広げます。続く炭谷がヒットを打ったところで大嶺祐太は早くもKO。

ロッテも5回裏2アウト満塁のチャンスを作りますが、4番デスパイネがポップフライに倒れます。

高橋光成は5回4安打3四球2失点と先発投手として最低限の仕事はして勝投手の権利を持って降板。6回裏は野上が登板し1点を失いますが、なおも2アウト1、2塁のピンチには荻野貴司をセカンドゴロに打ち取ります。

ライオンズ打線は7回表、この回から登板のチョーセン投手イ・デウンを攻め、2アウト走者無しから森友哉が猛打賞となる15号ソロを叩き込んで7-3。



7回裏は岡本洋介が三者凡退に抑えると、8回裏は高橋朋己が登板。2アウト1、2塁とするもの高濱をサードゴロに打ち取ります。

ライオンズ打線は9回表にも、この回から登板の5番手益田を攻め、1アウトから死球と炭谷の猛打賞となるヒットでチャンスを作り、代打大崎のタイムリー秋山翔吾の猛打賞となるタイムリーツーベースで9-3とします。



9回裏のロッテの攻撃が始まる前に雨が強くなり降雨コールドゲーム。[9][3]でロッテに圧勝したライオンズが、見事敵地での3タテを決めました[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。