So-net無料ブログ作成
検索選択

オリックス・ディクソンがソフトバンク打線を手玉ヾ(*^。^*)ノ。東浜また炎上ww [パリーグ他球団]

京セラドームでのオリックスvsソフトバンク戦。平日にもかかわらず27,263人の観衆を集めました。勿論、9割はオリックスファンです。先発はオリックスがディクソン、ソフトバンクが東浜。

ソフトバンクは1回表1アウト1、2塁のチャンスを作りますが、4番内川が三振、5番李大浩もショートフライで得点出来ません。2回表にはノーアウト1、3塁としながら、今宮のスクイズはディクソンの好フィールディングに阻まれ三塁走者の松田はホームでタッチアウト[exclamation]



その後1アウト満塁となるも、明石のハーフライナー性のセカンドフライで二塁走者の今宮が飛び出していて戻れずゲッツー[手(チョキ)]

それに対しオリックスは直後の2回裏、小谷野とブランコの連打などで2アウト2、3塁とし、駿太のタイムリーで1点を先制します。



ソフトバンクも3回表1アウト1、3塁としますが、5番李大浩は犠牲フライも打てずポップフライに倒れます。なおも2アウト満塁と攻めますが、去年のチーム最多安打の中村晃がセカンドゴロで無得点。

オリックス打線は4回裏には小谷野のヒットと四球に犠打で1アウト2、3塁とし、山崎勝己のタイムリーで2点目。さらに駿太も2打席連続タイムリーで3-0とします。

ソフトバンクは5回表にも1アウト1、2塁としますが、5番李大浩は小谷野のスーパープレイに阻まれてサードゴロ。



2アウト2、3塁となるも松田が三振に斬られてまたも無得点です。

東浜は4回7安打3四球3失点とボロボロで降板。5回裏は岩嵜が登板しますが、オリックスは2アウトからブランコが9号ソロを叩き込みます。



ソフトバンクも6回表にようやく1点を返しますが、なおも2アウト満塁と一打同点のチャンスには4番内川がポップフライに倒れて1点止りです。

それに対しオリックスは直後の6回裏、山崎勝己の二塁打と駿太の猛打賞となるヒットでチャンスを作り、安達のサードゴロの間に5点目を取って岩嵜をKO。飯田優也が登板しますが、2アウト3塁からT-岡田がタイムリーツーベースを放って6-1とします。

ディクソンは6回9安打5四球1失点とソフトバンク打線を寄せ付けない好投で降板。7回表はJR東日本出身プロ2年目の吉田一将が登板し、松田を三振に斬るなど三者凡退に抑えます。8回表は岸田が登板。1アウト2塁としますが、明石をポップフライに打ち取ると長谷川を三振に斬って得点は与えません。9回表はプロ4年目の佐藤達也が抑えてゲームセット。ソフトバンク打線は11安打5四球で1点しか取れないという拙攻ぶりでした[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。