So-net無料ブログ作成
検索選択

バレンティン復帰! 読売投手陣を火だるまψ(`∇´)ψ [セリーグ]

神宮球場でのヤクルトvs読売戦。ヤクルトはプロ3年目の石山、読売は広島から金で引き抜いた大竹が先発します。

読売は2回表に満塁から犠牲フライで1点を先制します。なおも2アウト1、3塁とチャンスは続きましたが、1点止り。

それに対しヤクルトは直後の2回裏、戦列復帰したバレンティンが1アウトから二塁打で出ると、雄平がタイムリーを放って同点。

読売は3回表に1点を取りかちこしますが、続く2アウト1、2塁のチャンスには岡本和真がファーストフライに倒れます。

ヤクルトは直後の3回裏2アウト走者無しから山田哲人と畠山の連打でチャンスを作り、バレンティンのタイムリーで1点差に追い上げると、雄平が7号3ランを叩き込んで5-3と逆転します。金の亡者大竹は3回7安打5失点と火だるまになって降板[手(チョキ)]

読売も5回表に1点を返して1点差とし、なおも2アウト満塁の大チャンスでしたが、代打堂上剛裕がリリーフしたロマンに三振に斬られます。

ヤクルト打線は7回裏には読売4番手の宮國を攻め、四球と宮國の暴投でチャンスを作りバレンティンが猛打賞となるタイムリーツーベース。さらにヒットで出た雄平が盗塁を決め、大引が四球を選んで宮國をKO。替った戸根から中村悠平が犠牲フライ打ち上げて7-4とリードを広げます。

8回表はオンドルセクが登板。2アウト1、2塁のピンチを招きますが、立岡を三振に斬って無失点で切り抜けます。

ヤクルト打線は8回裏には川端慎吾と山田哲人の連打でチャンスを作り、畠山25号3ランを叩き込んで二桁得点の10点目[exclamation]

9回表はプロ2年目の秋吉が登板。2アウト3塁としますが、最後は代打高橋由伸を三振に斬ってゲームセット。10-4とヤクルトが二桁得点で見事な逆転勝ちでした[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。