So-net無料ブログ作成
検索選択

ヤクルト、藤浪を攻略して首位キープ(*^ ^* )V [セリーグ]


甲子園球場での阪神vsヤクルト戦。阪神は目下リーグ最多奪三振の21歳の藤浪、ヤクルトは4月以来の登板となる今季未勝利のプロ2年目の杉浦が先発。藤浪は今季ここまでヤクルトに4勝0敗で、どう見てもヤクルトに分が無いと思われました[あせあせ(飛び散る汗)]

阪神は1回裏、今成が内野安打で出塁しますが、続くマートンがサードゴロ併殺打。2回裏にも1アウトからゴメスが二塁打を打ちますが、伊藤隼人がセンターフライ、鶴岡一成は三振で無得点。

一方ヤクルトは直後の3回表1アウトから川端慎吾が四球を選ぶと山田哲人がタイムリーツーベースを放って1点を先制します。

阪神も3回裏、大和のヒットなどで1アウト満塁とし、マートンのショートゴロの間に1点を取って同点。

ヤクルトは4回表雄平が8号ソロを叩き込んで再び勝ち越し。

しかし阪神も4回裏に先頭のゴメスの17号ソロで同点。

杉浦は5回5安打2四球2失点で降板。6回裏はロマンが登板。3四球で1アウト満塁の大ピンチを招きますが、大和をサードゴロ、代打新井良太を三振に斬り、何とか無失点で切り抜けます。

ヤクルト打線は直後の7回表、この回から登板の阪神2番手の安藤を攻め、1アウトから上田剛史と川端慎吾の連打で1アウト1、2塁とし、山田哲人のタイムリーツーベースで勝ち越し。さらに四球で満塁とし、バレンティンが押し出し四球を選んで4点目。高宮が登板しますが、雄平が犠牲フライ打ち上げて5-2とリードを広げます。

7回裏は久古が登板。今成を三振に斬って2アウトになった所でプロ2年目の秋吉に交代。秋吉はマートンをサードゴロに抑えます。8回裏秋吉が続投し、福留、ゴメス、伊藤隼人を3者連続三振[exclamation]9回裏はバーネットが登板。代打3人を三者凡退に抑えてゲームセット。ヤクルトはガッチリ首位キープです[手(チョキ)]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。