So-net無料ブログ作成

【カープ女子会】延長戦でDeNA山崎憲晴を撃破して逆転勝ち!! [セリーグ]


DSC01342.JPGハマスタでのカープ女子会。観衆は28,913人。今日もレフトスタンドは勿論、三塁側内野席も真っ赤に染まっていました[わーい(嬉しい顔)]。先発は広島が黒田、DeNAが砂田。

広島は1回表丸の二塁打などで2アウト3塁とし、エルドレッドのタイムリーで先制。

3回表には菊池涼介が俊足を活かした内野安打で出ますが、この回は無得点。

黒田は3回裏1アウト2塁のピンチを招きますが、下園はサードファールフライ、柳田殖生はピッチャーゴロに打ち取ります。

DSC01356.JPG広島は4回表には梵がヒットを打ちますが、得点には至りません。

黒田は4回裏に2点を失い逆転されます。

広島打線は直後の5回表丸の二塁打で2アウト2塁とし、エルドレッドの打球は平凡な内野フライになりましたが、ショート柳田殖生が落球して二塁走者が生還[exclamation×2] 同点とします。

DSC01360.JPG黒田は5回裏、先頭打者を打ち取ったところで降板。ヒースがリリーフし、2アウト2塁のピンチに梶谷にヒットを打たれますが、この回から守備に就いていたライトのルーキー野間のレーザービームで二塁走者の代走白崎はホームタッチアウト[exclamation×2] 野間がピンチを救います[わーい(嬉しい顔)]

ヒースは続く6回裏にも1アウト2塁のピンチを招きますが、バルディリスをポップフライ、山下幸輝をピッチャーゴロに打ち取ります。

DSC01379.JPG7回裏は大瀬良が登板。嶺井と下園を三振に斬るなど三者凡退に抑えます。8回裏も大瀬良が続投し、3番梶谷と4番筒香を連続三振に斬るなど三者凡退。大瀬良は2イニングを4奪三振のパーフェクトリリーフです[手(チョキ)]

9回裏は一岡が登板し、バルディリスを三振に斬るなど三者凡退に抑えます。

大瀬良と一岡の完璧なピッチングが広島に流れを呼び込み、2-2の同点で延長戦に入った10回表、DeNAのクローザー山崎憲晴を攻め、丸の猛打賞となる内野安打と代打松山のヒットで1アウト1、3塁とし、エルドレッドがタイムリーを放ってついに勝ち越します。

DSC01388.JPG10回裏は中崎翔太が登板。代打松本啓二朗を三振に斬るなど無失点に抑え、[3][2]で広島の逆転勝ちです。

DSC01403.JPG「二次会」の後、スタジアムを出た時は22時を過ぎていましたが、大瀬良と一岡を素晴らしいピッチングも見れたれおにゃみは大満足の試合でした[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ヤクルト、読売に連続完封勝ちで3タテ\(o⌒◇⌒o)/ [セリーグ]


ヤクルトの連勝で迎えた神宮球場の対読売3連戦の最終戦。ヤクルトはプロ初登板のルーキー寺田、読売はポレダが先発します。

読売は1回表2アウト1、2塁のチャンスを作りますが、5番長野がショートゴロ。2回表には2アウト満塁としますが、亀井がポップフライに倒れます。3回表にも2アウト1、3塁としながら村田修一がポップフライで無得点。

寺田は3回2安打無失点で降板。4回表からは徳山が登板します。読売は5回表にも2アウト満塁としますが、村田修一がピッチャーゴロでまたも無得点。

徳山も3回1安打無失点で降板。7回表は久古が登板し、走者を出しますが、走者の坂本を牽制で刺します[exclamation]8回表はオンドルセクが抑えます。

残塁の山を築く読売に対し、ヤクルト打線は8回裏、1アウトから中村悠平と代打田中浩康の連打で1アウト1、3塁としてポレダをKO。マシソンが登板しますが、田中浩康の盗塁で2アウト2、3塁とし、川端慎吾の2点タイムリーで先制します。

9回表はバーネットが登板。橋本到を三振、立岡をショートゴロに打ち取ると、最後は亀井を三振に斬ってゲームセット。

ヤクルトは2試合連続完封で読売を3タテしました[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]。神宮球場での対読売戦は7勝2敗です[手(チョキ)]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ヤクルト、ライアン小川の好投で読売に完封勝ち! 読売は3位転落ψ(`∇´)ψ [セリーグ]


昨日に続き神宮球場のヤクルトvs読売戦。ヤクルトはライアン小川泰弘、読売は開幕投手の菅野が先発します。

読売は1回表1アウト2塁としますが、3番坂本はピッチャーゴロ。2アウト3塁となりますが4番阿部慎之助も三振に斬られます。2回表にも2アウト1、3塁としながら無得点。3回表には1アウト3塁のチャンスに3番坂本は犠牲フライも打てずセカンドフライ。4番阿部慎之助もポップフライに倒れてまたも無得点です。4回表にはノーアウト1、2塁の大チャンスに、井端は三振、小林誠司はサードゴロ併殺打

拙攻の連続の読売に対しヤクルトは直後の4回裏、畠山と雄平の連打に四球で2アウト満塁とし、ピッチャーの小川泰弘が粘って押し出し四球を選んで先制。比屋根も押し出し四球を選び、川端慎吾がタイムリー。さらに小林誠司のパスボールで三塁走者が生還して、この回4点を奪います。

読売は6回表にも2アウト1、2塁としますが、小林誠司がポップフライに倒れて無得点。

8回表1アウト1塁となったところで、小川泰弘は降板。オンドルセクが登板し、長野を三振に斬るとアンダーソンもキャッチャーファールフライに抑えます。

9回表はプロ2年目の秋吉が登板。ノーアウト1、2塁としますが、ここでリリーフしたバーネットが片岡をショートゴロ。1アウト1、3塁となりますが、立岡を三振に斬ると最後は代打高橋由伸をピッチャーゴロに抑えてゲームセット。

再三のチャンスを潰した読売に対し、ワンチャンスを確実に得点に結び付けたヤクルトが4-0で完封勝利[手(チョキ)]。8回途中7安打6奪三振無失点と読売の自称「史上最強打線」を完璧に封じた小川泰弘が9勝目。去年のMVPの菅野で星を落とした読売はヤクルトと入れ替わりでとうとう3位に転落です[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

カープ、チョンボ連発の読売に連勝 (o_ _)ノ彡☆ [セリーグ]

昨日に続き市民球場(ズムスタ)での広島vs読売戦。広島は黒田、読売は田口麗斗が先発します。

読売は1回表1アウト1、3塁としますが、4番阿部慎之助は犠牲フライも打てず三振。2アウト2、3塁となりますが、5番亀井もセカンドゴロで無得点です。

それに対し広島は直後の1回裏丸が16号ソロを叩き込んで先制。

読売は2回表にも1アウト1、3塁としますが、田口麗斗はスクイズを空振りで三振。三塁走者アンダーソンも戻れず三振ゲッツーとなります。

それでも3回表に犠牲フライで同点としますが、なおも2アウト2塁のチャンスには5番亀井がセカンドフライに倒れます。

6回表には2アウト満塁の大チャンスを作りますが、三塁走者の亀井が勝手に本塁に向かって動き出すチョンボで牽制タッチアウト[exclamation×2] 絶好のチャンスを大チョンボで潰します[わーい(嬉しい顔)]

それに対し広島は6回裏鈴木誠也の盗塁で2アウト2塁とし、エルドレッドのタイムリーで勝ち越し。

黒田は7回8安打1失点(自責点0)と読売の自称「史上最強打線」を完璧に封じて降板。8回表はプロ2年目の大瀬良が登板し、ノーアウト1、2塁と一打逆転のピンチを招きますが、5番亀井は送りバントを失敗してキャチャーファールフライ。アンダーソンもポップフライに倒れると代打堂上剛裕は三振。またもチャンスを潰します。9回表は中崎翔太が登板。1アウト満塁と犠牲フライででも同点の大ピンチを招きますが、3番坂本のライトフライで三塁走者の代走鈴木尚広はルーキー野間の強肩を恐れてタッチアップ出来ず[exclamation] 最後は4番阿部慎之助が三振に斬られてゲームセット。

3安打の広島が二桁安打の読売を1点差で下して連勝。これで対読売戦は14勝9敗です[手(チョキ)]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

エルドレッドが山口鉄也から代打逆転弾!! \(o⌒◇⌒o)/ [セリーグ]


市民球場(ズムスタ)の広島vs読売戦。広島は早稲田出身の福井、読売は高木勇人が先発します。

読売は2回表1アウト1、2塁と先制のチャンスを作りますが、村田修一がショートゴロ併殺打3回表にも2アウト3塁としながら片岡がサードゴロに倒れます。

一方広島も5回裏2アウトから丸が二塁打を打ちますが得点には至りません。

読売は7回表には1アウト満塁と大チャンスを作りますが、小林誠司は犠牲フライも打てずセカンドフライに倒れ、代打堂上剛裕もポップフライで絶好のチャンスを潰します。

しかし8回表に1点を先制します。なおも1アウト1、2塁と追加点のチャンスでしたが、5番長野がセカンドゴロ併殺打に倒れます。

何とか福井を援護したい広島打線は直後の8回裏、読売2番手の山口鉄也を攻め、1アウトから菊池涼介がヒットで出ると、代打エルドレッドが9号2ランをバックスクリーンに叩き込んで逆転します[exclamation] 山口鉄也はこれでKO。その後2アウト1塁から代走赤松が盗塁を決めますが、追加点は入りません。

9回表は中崎翔太が登板。同点の走者を許しますが、最後はプロ17年目の代打加藤健を三振に斬ってゲームセット。終盤に逆転しての1点差勝利という広島のお得意のパターンで読売を撃破[わーい(嬉しい顔)]。8回6安打4四球1失点と読売の自称「史上最強打線」を完璧に封じた福井が9勝目です[手(チョキ)]。そして広島は7年ぶりに対読売戦勝ち越しを決めました\(o⌒◇⌒o)/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。