So-net無料ブログ作成
検索選択
セリーグ ブログトップ
前の5件 | -

カープ天谷の攻守走の活躍でDeNAに逆転勝ち!! [セリーグ]

昨日から始まったプロ野球2016年シーズン。今日の広島vsDeNA第2戦は、広島が黒田、DeNAが久保康友の先発で始まります。

広島は1回表2アウトから丸が三塁打を打ちますが得点には至りません。

一方DeNAは2回表に先頭打者が出ますが、続く5番ロマックがサードゴロ併殺打3回表にもノーアウト3塁としながら戸柱がサードファールフライ、久保康友が三振、白崎もショートゴロと犠牲フライすら打てず得点出来ません。4回表には2アウト1、2塁のチャンスに倉本がショートゴロに倒れます。

それでも5回表には1点を先制しますが、なおも2アウト2、3塁と追加点のチャンスには3番ロペスがショートゴロで1点止りです。

6回表には2アウト2塁から柴田がヒットを打ちますが、ライト天谷のバックホームで二塁走者の倉本がタッチアウト[exclamation×2]

拙攻の連続のDeNAに対し広島は直後の6回裏、丸とルナの連打で1アウト1、2塁とし、新井貴浩のタイムリーで同点、続く天谷のタイムリーでついに逆転し、久保康友をKOします[手(チョキ)]

7回裏にも2アウト走者無しから丸が猛打賞となるヒットで出ますが、この回は無得点。

黒田は7回9安打1失点で降板。8回表ジャクソンが登板。2アウト2塁のピンチを招きますが、倉本を三振に斬ります。

広島打線は8回裏2アウト走者無しからヒットで出た天谷が盗塁。続く代打小窪のセカンドゴロを柴田がファンブルする間に二塁走者の天谷が一気にホームを駆け抜けて貴重な3点目をあげます。

9回表は23歳の中崎が抑えてゲームセット。丸と天谷らの活躍で広島の鮮やかな逆転勝利でした[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

タグ:黒田 天谷
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

【カープ女子会】 黒田また配信投球!! どこまでファンを裏切るのか?! [セリーグ]


DSC01611.JPG今年最後のカープ女子会は神宮球場。快晴で最高のデイゲーム日和。昨日に続いてチケットは完売。32,278人の大観衆が詰めかけました。先発は広島球団史上最高年俸の黒田、ヤクルトは館山

黒田は1回裏2アウト走者無しから山田哲人にヒットを許すと、まともにクイックもせず初球から走られ、畠山に二塁打を打たれて先制されます。さらに雄平にも痛烈な当りを打たれ(記録はファーストのエラー)2アウト1、3塁としますが、今浪のライナーは正面を尽き、この回は何とか1点で切り抜けます。

DSC01649.JPGしかし3回裏にも2アウト走者無しから山田哲人にヒットを打たれ、またしても完全にモーションを盗まれて初球から二盗を許し、畠山に今度はレフトスタンドにライナーで26号2ランを叩きこまれ、3点のリードを許します。

5回まで館山の前にパーフェクトに抑えられてきた広島打線は6回表、先頭の安部がチーム初出塁となるヒットを放ちますが、3点ビハインドにもかかわらず緒方は盗塁を選択。謎采配は見事に外れせっかくの走者がいなくなります。それでも1アウトから石原がヒットで出て、野間のセカンドゴロで走者が入れ替わり2アウト1塁となりますが、今度は野間にも盗塁を命じてまた失敗。この回2本のヒットを放ちながら3人で攻撃を終えるというとんでもない糞采配で館山を助けます。

DSC01753.JPG黒田は5回3失点で降板。6回裏はJR東日本出身のルーキー飯田哲矢が登板。大引の二塁打などで1アウト1、2塁のピンチを招きますが、何とか無失点で切り抜けます。

しかし7回裏、飯田哲矢をイニング途中でリリーフした今村が四球と雄平のヒットで満塁のピンチを招くと、暴投で1点を失い、さらに大引に2点タイムリーツーベースを浴びて決定的な6点目を奪われます。

館山の前に7回2安打無四球無得点だった広島打線は8回表はオンドルセクに2三振の三者凡退に抑えられると、9回表は松岡健一の前に2アウトから代打新井貴浩が四球を選び丸がヒットで出る粘りを見せますが、結局得点することが出来ず0-6の完敗。優勝は絶望的となりました。

DSC01793.JPGhttp://www.daily.co.jp/baseball/carp/2015/09/24/0008423997.shtml によると、試合後カープファンから黒田に容赦の無い野次が飛んだとのことですけど、当然でしょう[ちっ(怒った顔)]。2試合連続の配信投球で9勝8敗。年俸わずか2200万円の福井が9勝5敗ということを見ても、黒田が4億円に相応しい仕事を全くしてないのは誰の目にも明らかです[パンチ]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

ヤクルト、藤浪を攻略して首位キープ(*^ ^* )V [セリーグ]


甲子園球場での阪神vsヤクルト戦。阪神は目下リーグ最多奪三振の21歳の藤浪、ヤクルトは4月以来の登板となる今季未勝利のプロ2年目の杉浦が先発。藤浪は今季ここまでヤクルトに4勝0敗で、どう見てもヤクルトに分が無いと思われました[あせあせ(飛び散る汗)]

阪神は1回裏、今成が内野安打で出塁しますが、続くマートンがサードゴロ併殺打。2回裏にも1アウトからゴメスが二塁打を打ちますが、伊藤隼人がセンターフライ、鶴岡一成は三振で無得点。

一方ヤクルトは直後の3回表1アウトから川端慎吾が四球を選ぶと山田哲人がタイムリーツーベースを放って1点を先制します。

阪神も3回裏、大和のヒットなどで1アウト満塁とし、マートンのショートゴロの間に1点を取って同点。

ヤクルトは4回表雄平が8号ソロを叩き込んで再び勝ち越し。

しかし阪神も4回裏に先頭のゴメスの17号ソロで同点。

杉浦は5回5安打2四球2失点で降板。6回裏はロマンが登板。3四球で1アウト満塁の大ピンチを招きますが、大和をサードゴロ、代打新井良太を三振に斬り、何とか無失点で切り抜けます。

ヤクルト打線は直後の7回表、この回から登板の阪神2番手の安藤を攻め、1アウトから上田剛史と川端慎吾の連打で1アウト1、2塁とし、山田哲人のタイムリーツーベースで勝ち越し。さらに四球で満塁とし、バレンティンが押し出し四球を選んで4点目。高宮が登板しますが、雄平が犠牲フライ打ち上げて5-2とリードを広げます。

7回裏は久古が登板。今成を三振に斬って2アウトになった所でプロ2年目の秋吉に交代。秋吉はマートンをサードゴロに抑えます。8回裏秋吉が続投し、福留、ゴメス、伊藤隼人を3者連続三振[exclamation]9回裏はバーネットが登板。代打3人を三者凡退に抑えてゲームセット。ヤクルトはガッチリ首位キープです[手(チョキ)]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

カープ、DeNAに逆転勝ち\(=⌒◇⌒=)/。ジョンソン、リーグトップタイの13勝目!! [セリーグ]

市民球場(ズムスタ)での広島vsDeNA戦。広島はジョンソン、DeNAはどすこい山口俊が先発します。

DeNAは1回表に2点を先制しますが、続くチャンスにはロペスがショートゴロ併殺打

広島は2回裏2アウト1塁からルーキー野間が盗塁を決めますが、得点には至りません。

しかし3回裏、石原がヒットで出るとジョンソンの送りバントを山口俊がエラー。四球で満塁とし、菊池涼介が押し出し四球を選んで1点差。松山が犠牲フライ打ち上げて同点とします。

DeNAも4回表ノーアウト2塁としますが、4番筒香はショートゴロ、5番ロペスはセンターフライ。2アウト3塁となりますが宮崎がサードゴロに倒れ、もらったチャンスを活かせません。

広島も6回裏2アウト走者無しからJR東日本出身プロ2年目の田中広輔がヒットを打ちますが、この回は無得点。

しかし7回裏、石原の二塁打と嶺井のパスボールで2アウト3塁とし、丸が歩くと菊池涼介がタイムリーを放って勝ち越し。どすこいをKOします。

ジョンソンは7回3安打8奪三振2失点とDeNAの金満重量打線を完璧に封じて降板。8回表は大瀬良が登板し、不運な内野安打2本で2アウト1、2塁と一打逆転のピンチを招きますが、4番筒香をファーストゴロに打ちとって無失点で切り抜けます。

広島も8回裏ルーキー野間がヒットを打ちますが、得点は出来ません。

9回表は中崎翔太が登板。簡単に2アウトを取ると最後は代打下園を三振に斬ってゲームセット。3-2で広島の鮮やかな逆転勝ち。ジョンソンはハーラートップタイの13勝目です[手(チョキ)]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

読売打線、20歳中日若松に手も足も出ず完封負け\(=⌒◇⌒=)/。坂本4タコ3三振 (o_ _)ノ彡☆ [セリーグ]


ナゴヤドームでの中日vs読売戦。中日は20歳の若松駿太、読売は高木勇人が先発します。

中日は1回裏大島洋平の内野安打と犠打で1アウト2塁とし、ルナのタイムリーツーベースで先制。なおも四球とセカンド立岡の捕球ミスで1アウト満塁とし、エルナンデスが2点タイムリーツーベース。さらに高木勇人の暴投で三塁走者が生還し、藤井淳志もタイムリーツーベースを放って一挙5点を奪います。

読売も2回表ノーアウト2塁としますが、5番アンダーソンはセカンドゴロ。1アウト3塁となるもの亀井はサードフライ、岡本和真もサードゴロで得点出来ません。3回表にも1アウト2塁としながら、長野はセカンドゴロ。2アウト3塁となりますが立岡が三振に斬られて無得点です。

若松駿太は4回から7回までは読売打線を4奪三振のパーフェクトに抑えます。8回表に先頭打者を出しますが、1アウトを取ったところで朝倉に交代。朝倉は代打堂上剛裕をキャッチャーフライに打ち取ると、プロ2年目の又吉が片岡を三振に斬ります。9回表はプロ4年目の田島が登板。長野をセカンドフライに打ち取ると代打大田と坂本を連続三振に斬ってゲームセット。5-0で中日の快勝です。

読売の自称「史上最強打線」を8回途中まで3安打無四球6奪三振の無失点と完璧に抑えた20歳の若松駿太が9勝目です。読売のキャプテン坂本は4タコ3三振でした[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の5件 | - セリーグ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。