So-net無料ブログ作成
検索選択

バレンティン復帰! 読売投手陣を火だるまψ(`∇´)ψ [セリーグ]

神宮球場でのヤクルトvs読売戦。ヤクルトはプロ3年目の石山、読売は広島から金で引き抜いた大竹が先発します。

読売は2回表に満塁から犠牲フライで1点を先制します。なおも2アウト1、3塁とチャンスは続きましたが、1点止り。

それに対しヤクルトは直後の2回裏、戦列復帰したバレンティンが1アウトから二塁打で出ると、雄平がタイムリーを放って同点。

読売は3回表に1点を取りかちこしますが、続く2アウト1、2塁のチャンスには岡本和真がファーストフライに倒れます。

ヤクルトは直後の3回裏2アウト走者無しから山田哲人と畠山の連打でチャンスを作り、バレンティンのタイムリーで1点差に追い上げると、雄平が7号3ランを叩き込んで5-3と逆転します。金の亡者大竹は3回7安打5失点と火だるまになって降板[手(チョキ)]

読売も5回表に1点を返して1点差とし、なおも2アウト満塁の大チャンスでしたが、代打堂上剛裕がリリーフしたロマンに三振に斬られます。

ヤクルト打線は7回裏には読売4番手の宮國を攻め、四球と宮國の暴投でチャンスを作りバレンティンが猛打賞となるタイムリーツーベース。さらにヒットで出た雄平が盗塁を決め、大引が四球を選んで宮國をKO。替った戸根から中村悠平が犠牲フライ打ち上げて7-4とリードを広げます。

8回表はオンドルセクが登板。2アウト1、2塁のピンチを招きますが、立岡を三振に斬って無失点で切り抜けます。

ヤクルト打線は8回裏には川端慎吾と山田哲人の連打でチャンスを作り、畠山25号3ランを叩き込んで二桁得点の10点目[exclamation]

9回表はプロ2年目の秋吉が登板。2アウト3塁としますが、最後は代打高橋由伸を三振に斬ってゲームセット。10-4とヤクルトが二桁得点で見事な逆転勝ちでした[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ヤクルト中村悠平サヨナラ打!! DeNA優勝完全消滅 ψ(`∇´)ψ [セリーグ]


(この記事はブログの管理上、タイムスタンプを変更してあります。)

昨日に続き神宮球場でのヤクルトvsDeNA戦。ヤクルトは館山、DeNAは41歳の三浦大輔が先発します。

DeNAは1回表に1点を先制しますが、なおも2アウト1、2塁のチャンスには宮崎がポップフライに倒れ1点止りです。

それに対しヤクルトは2回裏、2四球でチャンスを作り、今浪のタイムリーで同点。

2回から6回まで館山にパーフェクトに抑えられていたDeNA打線も7回裏、先頭打者を出しますが、宮崎がショートゴロ併殺打

館山は7回3安打1四球1失点とDeNAの金満重量打線を完璧に封じて降板。8回表はオンドルセクが登板し、2アウト1、2塁と一打逆転のピンチを招きますが、白崎を三振に斬って無失点で切り抜けます。9回表はバーネットが登板。筒香を三振に斬るなど、梶谷-筒香-ロペスの中軸を三者凡退に抑えます。

ヤクルト打線は9回裏、この回から登板の39歳の岡島を攻め、雄平の内野安打などで2アウト3塁とすると、中村悠平がサヨナラタイムリー[exclamation×2]

ヤクルトが劇的な逆転サヨナラ勝ちで、DeNAは優勝の可能性が完全消滅しました[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

読売打線、カープジョンソンに23イニング連続無得点 ψ(`∇´)ψ。坂本またタイムリーエラー(o_ _)ノ彡☆ [セリーグ]

市民球場(ズムスタ)での対読売最終戦。先発は広島ジョンソン、読売は裏金を積んで日ハムのドラフトを拒否させてまで入団させた菅野。

広島は2回裏JR東日本出身プロ2年目の田中広輔のヒットと四球で2アウト1、3塁とし、石原のショートゴロを坂本がタイムリーエラー(ファンブル)して1点を先制します。

読売も3回表2アウト2塁としますが、立岡がキャッチャーゴロに倒れます。7回表には先頭打者が出塁するものの長野がショートゴロ併殺打で無得点。8回表には1アウト1、3塁と一打逆転の大チャンスを作りますが、代打岡本和真は犠牲フライすら打てずセカンドゴロ併殺打

ジョンソンは8回5安打無四球無失点と、読売の自称「史上最強打線」を完璧に封じて降板。9回表は23歳の中崎翔太が登板し、40歳の代打高橋由伸を三振に斬るなど簡単に三者凡退に抑えてゲームセット。

唯一のチャンスを(坂本のタイムリーエラーでww)得点に結び付けた広島が、再三のチャンスを併殺で潰した読売を1-0で完封です。金の亡者菅野はこれで二桁の10敗目[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

ジョンソンは来日以来、読売相手には3試合23イニング無失点と、見事な読売キラーぶりを発揮してます[手(チョキ)]



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ヤクルト石川雅規がDeNAの金満重量打線を封じるヾ(*^。^*)ノ [セリーグ]


2試合連続で雨天中止になった後のヤクルトvsDeNA戦。ヤクルトは石川雅規、DeNAは石田が先発します。

DeNAは1回表走者を出しますが、一塁走者の荒波が牽制タッチアウト[手(チョキ)]

それに対しヤクルトは2回裏2アウトから、大引の5号ソロで先制します。

4回裏には山田哲人が34号ソロを叩き込んで2点目。

2回から5回まで4イニング連続で石川雅規にパーフェクトに抑えられてきたDeNAも6回表に先頭打者を出しながら、続く嶺井がショートゴロ併殺打

ヤクルトも6回裏2アウト1塁から代走三輪が盗塁を決めますが、この回は得点に至りません。

DeNAは7回表にも2アウト1、2塁と一打同点のチャンスを作りますが、ここでリリーフしたプロ2年目の秋吉がロペスを三振に斬ります。8回表はオンドルセクが代打後藤武敏を三振に斬るなどノーヒットに抑えます。

ヤクルトは8回裏にはこの回から登板の三嶋を攻め、川端慎吾の二塁打で2アウト2塁とすると、畠山がタイムリーを放って貴重な追加点。

9回表はバーネットが登板。荒波を三振に斬った後、ソロホームランで1点を失いますが、3番梶谷、4番筒香を連続三振に斬ってゲームセット。3-1でヤクルトの快勝。7回途中2安打無失点とDeNAの金満重量打線を完璧に封じた石川雅規が11度目の二桁勝利です[手(チョキ)]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ヤクルト、対読売5連勝で首位に並ぶ!! [セリーグ]


昨日は富山の試合が雨天中止になった北陸シリーズの読売vsヤクルト戦。今日は金沢で行われました。先発は読売がポレダ、ヤクルトはプロ3年目のライアン小川泰弘。

ヤクルトは1回表、ヒットで出た比屋根の盗塁などで1アウト3塁とし、山田哲人のタイムリーで先制。その山田哲人も盗塁を決め、ショート坂本のエラー(ファンブル)などで2アウト1、3塁とし、ミレッジもタイムリーを放ってこの回2点を取ります。

読売も1回裏に2点を取って同点。

3回裏にも1アウト2塁と攻めますが、3番坂本はポップフライ。4番阿部慎之助もサードゴロで得点出来ません。

それに対しヤクルトは直後の4回表、2四球と川端慎吾のヒットで1アウト満塁とし、畠山の2点タイムリーで4-2と勝ち越します。

5回表にも2四球で1アウト1、2塁としてポレダをKO。田原誠次が登板しますが、送りバントで2アウト2、3塁とし、川端慎吾のタイムリーで5点目を取ります。

読売も5回裏に先頭打者が出塁しますが、片岡のハーフライナー性のファーストフライで一塁走者の隠善が飛び出していて戻れずゲッツー[わーい(嬉しい顔)]6回裏には1アウト満塁と一打同点の大チャンスを作りますが、村田修一がショートゴロ併殺打に倒れます。

しかし7回裏には先頭打者のソロホームランで1点を返します。

小川泰弘は7回9安打1四球3失点と読売の自称「史上最強打線」を抑えて降板。8回裏はオンドルセクが三者凡退に抑える9回裏はバーネットが抑えて5-3でヤクルトの勝利。これで読売は対ヤクルト戦5連敗です[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。