So-net無料ブログ作成
検索選択

オールスター、カープ會澤がMVP!! [NPB]


市民球場(ズムスタ)で行われたオールスター第2戦。全パは吉川光夫、全セは黒田が先発します。

全パは2回表、おかわりくんのヒットを足がかりに1アウト満塁のチャンスを作りますが得点は出来ません。黒田は2回3安打1四球無失点です。一方吉川光夫は2回1安打無四球3奪三振無失点と全セの強力打線を完璧に封じます。

3回表に登板した前田健太は、クルーズと柳田を内野ゴロにしとめるなど、全パの上位打線を三者凡退に抑えます。

全セは3回裏1アウトから會澤が先制ソロ。同僚の前田健太に先制点をプレゼントします[手(チョキ)]

4回裏にもJR東日本出身プロ2年目の田中広輔の2点タイムリーなどで3点を追加。

全パも5回表にオールスター初出場の秋山翔吾が田中健二朗からソロホームランを打ち1点を返します。

しかし全セは5回裏新井貴浩のタイムリーツーベースなどで3点を追加し、7-1と一方的な試合にします。

全パも6回表セリーグ最多勝の大野雄大から代打森友哉が弾丸ライナーの2ラン

7回裏はライオンズのセットアッパー増田が、代打阿部慎之助をファーストゴロにしとめるなど簡単に三者凡退に抑えます。

8回表はバーネットが松田を三振に斬るなど抑えると、8回裏には代走鈴木尚広の牽制死があるものの平田のソロで8-3とします。

試合はそのまま全セが8-3で連勝。MVPには先制ホームランの會澤が選ばれました[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

今年の交流戦、猫屋敷ではDH制無しに ガ━━∑(´・ω・|||)━━ン [NPB]


来月から始まる今年のセ・パ交流戦、何とパリーグのホームゲームではDH制無し、代りにセリーグのホームゲームでDH制を採用することになったそうです[がく~(落胆した顔)]

ということは今年は[猫]屋敷での交流戦はDH制無しということです[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

『ファンに普段とは違う試合を楽しんでもらうのが狙い。』って、大きなお世話。まあそう決めるならそれで仕方無いけど、交流戦のチケット売り出す前に発表しろよ、NPB[exclamation×2][パンチ]

つか[野球]はDH制があった方が絶対面白いんだから、セリーグもDH制採用すれば良いのに[ー(長音記号2)]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

セパの投手力の差は縮まっただろうか? -交流戦明日開幕- [NPB]


明日からセパ交流戦がスタートします。

これまでパ・リーグが投手力、特に先発投手陣の圧倒的な力量の差を見せつけてきた交流戦ですけど、ダルビッシュや岩隈や和田毅が渡米した今年、両リーグの投手力の差は縮まったのでしょうか?

ここで、去年のセ・リーグ1位チーム、今年も阪神と首位を争ってる読売の投手力を、ライオンズと比較してみましょう。

ライオンズの完投数:
雄星 2(完封 2)
十亀 2(完封 2)
牧田 2(完封 1)
涌井 1
合計、7完投(うち、完封5)です。

一方、読売の完投数:
杉内 1(完封 1)
ホールトン 1
つまり、合計で2完投(うち、完封1)です。

このように、両者の投手陣の完投、完封能力には圧倒的な差があります。読売で完投したのは、パリーグからの移籍投手だけです。

これはライオンズと読売だけのことではなく、セ・リーグ全チームの完投数は8試合、うち完封は5試合で、セ・リーグ全チーム合わせてもライオンズ1チームとほぼ同じということです。なお、セリーグの完封勝利5試合の内、4試合は阪神です。

さて、交流戦初戦、広島の前田健太が登板します。ソフトバンク相手なら恐らく完封かそれに近いピッチングを期待出来るでしょう[手(チョキ)]
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

読売勢に足を引っ張られる『侍』 [NPB]



「侍ジャパン」が広島に続いて阪神にも完封負けです。1番坂本、そして内川-阿部慎之助-長野というクリーンアップでは点を取れないのも当り前ですけど[手(パー)]。特に阿部慎之助は、肩はキャッチャーとしては平均レベルだけどリードはタコ。打撃だけが「売り」の選手なのに、その打撃がサッパリでは、4番どころか日本代表にいる意味が全くありません[パンチ]

本番までに残された強化試合は、明日の対読売戦だけ。読売相手ならさすがに勝てるでしょうから、勢いを付けて本番に望んでもらいたいものですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

おかわりくん、2年連続4回目のホームラン王! 両リーグのタイトル確定。 [NPB]


プロ野球レギュラーシーズン全日程が終了し、タイトルが確定しました。おかわりくんは2年連続4回目のホームランに輝きました[手(チョキ)]

主なタイトルは、

パリーグ
ホームラン王:おかわりくん
最高出塁率:糸井
打点王:イデホ
盗塁王:聖澤
最優秀防御率:吉川光夫
セーブ王:武田久
最多HP:増井
最多奪三振:田中将大

セリーグ
ホームラン王:バレンティン
盗塁王:大島洋平
最優秀防御率:前田健太
セーブ王:バーネット
最多奪三振:能見

となりました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。