So-net無料ブログ作成

切り札山口鉄也の炎上で読売大逆転負けヾ(@^▽^@)ノ [セリーグ]


東京からくりドームでの読売vs中日3連戦の最終戦。お互いホームゲームに強い“内弁慶”の傾向が強いだけに、読売有利と思われながらここまで中日の1勝1分。読売も何とか1勝だけはしたく、去年のチーム(ソフトバンク)最多勝の杉内を先発させて必勝を期します。中日の先発は今年まだ勝ち星が無いソト。

しかし先手を取ったのは中日でした。3回表8番松井佑介がプロ初ホームランとなる1号ソロを放って先制。これに対し読売も4回裏に2点を取って逆転しますが、なおも満塁のチャンスをを活かすことが出来ず、1点リードに留まります。

読売は6回裏にも先頭打者が出塁しながら、続く4番阿部慎之助がショートゴロ併殺打。チャンスを膨らませることが出来ません。

ソトは7回2安打4四球ながら要所を締めて2失点で降板。8回裏は武藤祐太が登板し、2アウト1、2塁のピンチを招きますが、ここでリリーフした3番手小林正が阿部慎之介を三振に斬り、追加点を許しません。

9回表中日はヒットで出た大島洋平を荒木が送って1アウト2塁とし、杉内をKO。ここで原辰徳は絶対的な信頼を寄せるクローザーの山口鉄也をマウンドに送ります。しかし山口は和田一浩にヒットを打たれ、さらに森野にタイムリーツーベースを浴びて同点に追いつかれ、杉内の勝ち星を消してしまいます[わーい(嬉しい顔)]。ここで読売ベンチは井端を敬遠するという愚策に出ます。結果、代打柳田に死球を与えて押し出し。山口鉄也の乱調というか乱心というか、自ら中日に勝ち越し点を与えてしまいました[手(チョキ)]

中日は9回裏のマウンドに山井を送ります。山井は長野と高橋由伸を簡単にポップフライに打ち取ると、最後は村田を空振り三振に斬り、見事に岩瀬の代役を果たしました[手(チョキ)]。また、勝ち投手にはなれなかったものの、読売の自称「史上最強打線」を7回2安打に抑えた先発ソトの好投も光りました。

杉内でも勝てなかった読売は、2位中日との3連戦を2敗1分と負け越し、3.5ゲーム差に詰め寄られました[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。