So-net無料ブログ作成

ルーキー小川泰弘が読売打線を封じて単独トップの8勝目!! [セリーグ]

改装なった静岡草薙球場のこけら落としとなるヤクルトvs読売戦。ナイターで行われました。ヤクルトの先発は無名のルーキーだった小川泰弘、読売の先発は澤村。

ヤクルトは1回裏、先頭の山田哲人がヒットで出塁し、上田剛史の送りバントをピッチャー澤村自らエラーしてノーアウト1、3塁となると、今度はプロ初の3番に座った荒木貴裕の打球をセカンド寺内がタイムリーエラー。読売は連続エラーでヤクルトに先制を許しました[わーい(嬉しい顔)]

読売も2回表に走者を出しますが、高橋由伸がファーストゴロ併殺打に打ち取られまます。4回表にも2アウト1、2塁と一打逆転のチャンスを作りながら、ボウカーがポップフライに倒れます。さらに5回表にはノーアウト1、2塁と大チャンスを作りますが、ここで澤村が送りバントを失敗。長野がファーストファールフライ、亀井もポップフラにに倒れて、またしても絶好のcっハンスを潰します[手(チョキ)]

それでも読売は6回表、1点を取って同点に追い付きますが、なおも2アウト2、3塁のチャンスには高橋由伸がセカンドゴロに打ち取られ、同点止りです。

7回表2アウト2塁では亀井がサードゴロ。

毎回のように拙攻でチャンスを潰す読売に対し、ヤクルトは7回裏、四球と澤村の暴投などで1アウト3塁とすると、小川泰弘に代って代打田中浩康を送ります。この代打策は見事に的中。田中浩康はセンターにタイムリーを放って勝ち越しに成功します。



8回表はルーキー石山が読売のクリーンアップを三者凡退に抑えます。



9回表も山本哲哉が三者凡退に。ヤクルトの「勝利の方程式」が見事にハマり、虎の子の1点を守り切りました。

先発の小川泰弘は7回7安打5奪三振1失点の好投でリーグ単独トップの8勝目。新人王争いでも大きくリードしてます[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。