So-net無料ブログ作成

苦手攝津を攻略して劇的な逆転勝ち! おかわりくん殊勲打! [ライオンズ]

福岡ドームでのソフトバンク戦。ライオンズの先発はプロ3年目の牧田和久、ソフトバンクの先発はこれまでライオンズが苦手としていた攝津。苦戦も予想されました。

牧田和久は1回裏1アウト3塁とされますが、3番長谷川勇也に犠牲フライも打たせず三振に斬ると、去年のチーム最多安打の4番内川もポップフライに打ち取ります。2回裏にも2アウト1、3塁のピンチに、裏切り者細川をファーストフライに抑えます。

しかし3回裏、ソロドームランで1点を先制されてしまいます。

ライオンズも直後の4回表、1アウトから秋山翔吾が二塁打を打ち、炭谷のタイムリーですぐに同点に追いつきます。



5回裏には2アウト3塁のピンチに今宮をショートゴロに打ち取ります。6回裏にも先頭打者を出すものの、続く4番内川をサードゴロ併殺打に打ち取ります。

拙攻続きのソフトバンクに対し、ライオンズは8回表、栗山巧と浅村の連打で2アウト1、2塁とし、おかわりくんがレフト前にタイムリーを放って勝ち越し。



さらに秋山翔吾も左中間を深々と破る2点タイムリースリーベースで一挙に3点を勝ち越し、苦手攝津をKOします。



牧田和久は7回6安打無四球1失点と見事なピッチングで降板。8回裏はウィリアムスが三者凡退に抑えます。

9回裏はサファテが登板。1点を返されますが最後はペーニャを三振に斬って[4][2]でライオンズの劇的な逆転勝ち[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。