So-net無料ブログ作成

リリーフでも澤村打たれ、読売逆転負けヽ(*⌒▽⌒*)ノ [セリーグ]


(この記事はブログの管理上、タイムスタンプを変更してあります。)

ナゴヤドームでの中日vs読売戦。中日の先発は21歳の岡田俊哉、読売の先発は宮國。

読売は2回表、四球で走者を出しますが、ロペスがショートゴロ併殺打に倒れます。

4回表に1点を先制しますが、なおも2アウト1、2塁のチャンスにはロペスがポップフライに打ち取られ、1点止りです。

中日は直後の4回裏に反撃。四球と、クラークと高橋周平の連打で1アウト満塁とし、田中大輔が犠牲フライを打ち上げて同点。さらに死球で再び満塁とし、大島洋平が押し出し四球を選んで逆転します。

岡田俊哉は4回2安打1失点と読売打線を抑えて降板、5回表からはマドリガルが登板します。

読売も5回表に1アウト2塁としますが、ボウカーが三振、長野がサードゴロに倒れて得点出来ません。

マドリガルは2イニングをノーヒットに抑えて降板します。

読売はそれでも7回表、中日3番手の高橋聡文から先頭打者のソロホームランで2-2の同点となります。

しかし中日は直後の7回裏、読売3番手の澤村から森野が16号ソロを叩き込んで勝ち越し。

8回表は浅尾、9回表は岩瀬がノーヒットに抑えて3-2で中日の逆転勝利。先発失格の烙印を押された澤村は中継ぎでも打たれて遂に10敗目です[グッド(上向き矢印)]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。