So-net無料ブログ作成

『逆転負けのロッテ』、4点先制もオリックスの猛打に沈むψ(`∇´)ψ [パリーグ他球団]


(この記事はブログの管理上、タイムスタンプを変更してあります。)

幕張球場でのロッテvsオリックス戦。ロッテは去年、スーパールーキーとして超鳴り物入りで入団した藤岡貴裕、オリックスは前田祐二が先発。

ロッテは1回裏に4点を先制します。

2回裏にも2アウト2塁のチャンスを作りますが、根元が三振に倒れます。

これに対しオリックスは3回表、平野恵一の二塁打で2アウト2塁とし、糸井のタイムリーで1点を返します。



3回裏にはプロ2年目のショート安達のファインプレイが飛び出します。



ロッテも4回裏1アウト2塁としますが、鈴木大地がキャッチャーファールフライ、江村直也もポップフライに打ち取られます。

オリックスは5回表安達の5号ソロで2点差に追い上げます。



藤岡貴裕は5回で降板。6回表は中郷が登板します。その中郷に対しオリックス打線はバルディリスと川端崇義の連打と四球で1アウト満塁とし、中郷をKO。代った服部から平野恵一のタイムリーで1点差とし、安達が押し出し四球を選んで同点。さらに2アウト満塁となったところで服部もKO。上野大樹が登板しますが、イデホも押し出し四球を選んで勝ち越し。さらに竹原が2点タイムリーを放って7-4とリードします。

ロッテも6回裏に先頭打者のソロホームランで1点を返します。

7回裏8回裏はプロ2年目の佐藤達也が3三振を含むパーフェクトリリーフ。9回裏は平野佳寿が登板し1点を失って1点差とされますが、後続を抑えて7-6で大逆転勝利。

ロッテは初回の4点を投手陣が守ることが出来ず、お家芸の逆転負けです[グッド(上向き矢印)]





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。