So-net無料ブログ作成

読売、守護神フランケン西村が炎上で中日に大逆転負けψ(`∇´)ψ [セリーグ]


昨日は菅野が轟沈して痛い星を落とした読売、今日もナゴヤドームでの対中日戦です。3年連続チーム最多勝の絶対的エース内海を先発に立て、連敗脱出を記します。中日の先発は山井。

読売が1回表1点を先制します。

中日もその裏、大島洋平の内野安打を足がかりに2アウト3塁とし、そこから連続四球で満塁。ここで内海が暴投して三塁走者が生還。1安打であっさり同点に追いつきます。

読売は2回表に再度1点を勝ち越します。

中日も2回裏、谷繁のヒットなどで2アウト3塁とし、荒木雅博のタイムリーでまた同点。

読売は4回表、先頭打者のソロホームランで三度勝ち越し。

さらに5回表にも1点を追加しますが、なおも1アウト2塁のチャンスには長野がサードゴロ。2アウト3塁となるもののアンダーソンがファーストゴロに倒れ1点止りです。

山井は5回8安打4失点で降板。6回表はプロ3年目の田島が登板します。田島はノーアウト1、3塁の大ピンチを迎えますが、村田修一のサードゴロで三塁走者の坂本が強引に本塁突入してアウト。なおも1アウト1、2塁で内海の代打松本哲也はショートゴロ。2アウト1、3塁となりますが橋本到をポップフライに打ち取り、絶体絶命のピンチを脱します。

内海は結局5回5安打4四球2失点。相変わらずピンチに弱いのを暴露した形ですが、とりあえず勝ち投手の権利を手にします。6回裏は香月良太が登板しますが、中日は高橋周平のヒットと四球に犠打で1アウト2、3塁として香月良太をKO。青木高広が登板しますが、大島洋平のセカンドゴロの間に1点。ここで去年のチーム最多の42セーブをあげたフランケン西村が登板しますが、荒木雅博とエルナンデスに連続四球で2アウト満塁。さらに和田一浩にも四球で押し出しで同点に追いつかれます。何と登板から3連続四球です。続く森野には満塁走者一掃のタイムリーツーベースを打たれ、西村は1アウトも取れずにKO[わーい(嬉しい顔)]

7回表はルーキー又吉が登板。2アウト満塁と一打同点のピンチを招きますが、阿部慎之助を三振に斬り無失点。

8回表はプロ2年目の福谷が登板。走者を許すものの橋本到をショートゴロ併殺打に打ち取ります。

9回表は岩瀬が登板。1点を失い、なおも2アウト2、3塁の大ピンチが続きますが、最後は阿部慎之助を三振に斬って通算400セーブを達成しました。

読売は中日の倍近い13安打を打ちながら拙攻の連続で菅野に続いて内海でも試合を落とし、手痛い連敗です[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。