So-net無料ブログ作成

オリックス、首位攻防戦で摂津を滅多打ちψ(`∇´)ψ。二桁得点の圧勝!! [パリーグ他球団]


京セラドームでのパリーグ首位攻防戦、オリックスvsソフトバンク。オリックスの先発は「ミスター完封」の異名を取るネコタン(金子千尋)。ソフトバンクはマジック点灯に向けて絶対的エース攝津を先発させて必勝を期します。

オリックスは3回裏1アウトから伊藤光と平野恵一の連打で1、3塁とし、プロ3年目の安達が犠牲フライを打ち上げて先制。さらに糸井のタイムリーでこの回2点を取ります。



ソフトバンクも4回表に2点を取って同点としますが、なおも2アウト1、2塁のチャンスには吉村が三振に斬られます。

6回表にはショート安達のファインプレイが出ます。



オリックスは6回裏にはT-岡田の二塁打と四死球で1アウト満塁とし、伊藤光が2点タイムリーを放って勝ち越し。



その後2アウト2、3塁となり、安達の2点タイムリー糸井のタイムリーツーベースで7-2とリードを広げます。



年俸4億円の攝津は6回10安打3四球7失点と滅多打ちに遭って降板[グッド(上向き矢印)]

8回裏にはソフトバンク3番手の金を攻め、四球と安達の猛打賞となるヒットで2アウト1、2塁とし、ペーニャがリーグトップタイの31号3ランを叩き込んで二桁得点の10点目。



ソフトバンクは9回表にようやく1点を返し、なおもノーアウト満塁とします。ここでプロ3年目の佐藤達也がリリーフ。犠牲フライで10-3とされますが、なおも1アウト1、3塁のピンチには吉村を三振に斬ると最後は鶴岡慎也をショートゴロに打ち取ってゲームセット。

ネコタンはリーグ単独トップの14勝目。投手三冠に向けて独走中です[手(チョキ)]





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。