So-net無料ブログ作成

大阪対決、近鉄が南海を下す (*^ ^* )V [パリーグ他球団]

京セラドームでのオリックスvsソフトバンク戦。今日はオリックスが近鉄のビジターユニフォーム、ソフトバンクが南海のホームユニフォームを着ての対戦です。さながら大阪球場の再現。

先発は近鉄がディクソン。南海は年俸4億円の絶対的エース攝津。

南海は1回表2アウト2塁としますが、4番内川がサードゴロ。もらったチャンスを活かせません。

それに対し近鉄は2回裏、T-岡田が二塁打で出るとカラバイヨがタイムリーツーベースを放って先制。さらに小谷野の内野安打でチャンスを広げ、西野真弘のショートゴロの間に2点目をあげます。

3回裏にも2アウト走者無しからヒットで出た糸井が盗塁を決め、T-岡田がタイムリーツーベース



南海も4回表に走者を出しますが、5番イデホがサードゴロ併殺打6回表には1アウト2塁から高田知季がセンター前にヒットを打ちますが、センター駿太のバックホームで二塁走者の牧原はタッチアウト[exclamation×2]



得点差を考えない無謀な走塁でチャンスを潰します[わーい(嬉しい顔)]

それでも8回表に犠牲フライで1点を返しますが、なおも2アウト1、2塁と一打同点のチャンスには、代った塚原の前に3番柳田悠岐がセカンドゴロに倒れます。

近鉄は8回裏にもT-岡田の1号ソロで4-1とします。



9回表は平野佳寿が登板。1点を失い、なおも2アウト1、2塁と一打同点のピンチを招きますが、最後は牧原をピッチャーゴロに打ち取ってゲームセット。[4][2]で近鉄が接戦を物にしました[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]。8回途中まで投げて自責点0と南海打線を完璧に封じたディクソンが3勝目、3試合連続炎上の攝津は4敗目です[手(チョキ)]





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。