So-net無料ブログ作成

オリックス、若手の大活躍でソフトバンクに劇的逆転勝利\(=⌒◇⌒=)/ [パリーグ他球団]

北九州でのソフトバンクvsオリックス戦。ソフトバンクは希望枠入団の大隣、オリックスはプロ3年目の松葉が先発します。

ソフトバンクは1回裏に2点を先制しますが、なおも2アウト2塁のチャンスには松田が三振に斬られます。

それに対しオリックスは3回表1アウトからJR東日本出身のドラ7ルーキー西野真弘が2号ソロ



2アウト後プロ4年目の安達も3号ソロを叩き込み、同点とします。



ソフトバンクは3回裏に再び1点を勝ち越しますが、なおも1アウト1、3塁のチャンスには5番イデホが犠牲フライも打てずショートゴロ併殺打に倒れます。

オリックスは5回表に反撃。西野真弘の内野安打高谷のパスボールなどで1アウト3塁とし、安達のタイムリーで3-3の同点に追いつきます。



さらに6回表には1アウトから竹原とヘルマンの連打で1アウト1、3塁とし、伊藤光の犠牲フライで勝ち越します。さらに西野真弘が猛打賞となるヒットで出ると盗塁を決め中村一生が2点タイムリーを放って6-3とし、大隣をKOします。



松葉は5回5安打5奪三振3失点で降板。6回裏は白仁田が登板します。ソフトバンクはその白仁田に対し1アウト1、2塁と攻めます。ここで塚原がリリーフし、福田をショートフライに打ち取りますが、元ヤクルトの川島慶三に2点タイムリーツーベースを打たれ1点差とされます。なおも2アウト3塁のとピンチでしたが、高谷をセカンドゴロに打ち取りリードは守ります。

8回表、ソフトバンクのマウンドには、札束に釣られてオリックスを裏切った寺原が登板します。オリックス打線はこの裏切り者に対し、1アウトから西野真弘が今日4本目のヒットを放つと2つ目の盗塁も決め中村一生のタイムリーツーベースで7-5とします。さらに安達も今日4本目のヒットで続き、寺原の暴投で三塁走者が生還して8点目。

8回裏はプロ4年目の佐藤達也が登板。先頭の内川にヒットを打たれますが、内川は点差も考えずに二塁を欲張ってアウト



佐藤達也は続くイデホと松田を連続三振に斬ります。9回表は平野佳寿が登板し、簡単に2アウトを取ると最後は代打斐紹を三振に斬ってゲームセット。

ルーキー西野真弘がホームランを含む4安打2盗塁、プロ4年目の安達がサイクルリーチの4安打2打点と若手の活躍でオリックスが鮮やかな逆転勝ち[わーい(嬉しい顔)]。敗れたソフトバンクは首位から陥落しました[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。