So-net無料ブログ作成

雄星がロッテ打線を抑え込む! おかわりくん3試合連続弾!! [ライオンズ]


『埼玉vs千葉(ライバル)シリーズ』全6試合の最終戦。[新幹線]も通らない千葉が埼玉のライバルかどうかはともかく、ロッテごときがライオンズのライバルとも思えませんが、とにかく[猫]屋敷でのロッテ戦です[あせあせ(飛び散る汗)]。今日もロッテ戦としては異例と言える32,453人の大観衆で埋まりました。先発はライオンズが24歳の雄星、ロッテが大嶺祐太。

ライオンズは1回裏、死球を受けた秋山翔吾が盗塁を決め、栗山巧のヒットでチャンスを作り、浅村の犠牲フライで1点を先制します。

2回裏には斉藤彰吾のヒットなどで1アウト2塁とし、炭谷がタイムリーツーベース



3回裏にはおかわりくんが3試合連続となる25号ソロを叩き込み、ジワジワとジャブのように大嶺祐太を攻め立てます。



ロッテも4回表に1アウト1、3塁から内野ゴロの間に1点を取りますが、なおも2アウト2塁のチャンスにはクルーズが三振に斬られます。

大嶺祐太は結局、5回7安打3四死球3失点で降板。

雄星は8回表1アウト1塁としたところで降板。プロ3年目の増田がリリーフし、清田をセカンドゴロ併殺打に打ち取ります。9回表は高橋朋己が三者凡退に抑えて[3][1]でライオンズの勝利。8回途中まで2安打7奪三振1失点の雄星が6試合連続HQSで5勝目です[手(チョキ)]





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。