So-net無料ブログ作成

ソフトバンク相手に大逆転勝利!! [ライオンズ]

福岡ドームでの対ソフトバンク戦。ライオンズは18歳の高橋光成、ソフトバンクは札束に物を言わせてオリックスから奪った寺原が先発します。

高橋光成は1回裏にホームランテラスへのドームランで2点を失います。

2回裏にも走者を出しますが、鶴岡慎也のハーフライナー性のピッチャーフライで一塁走者の本多は飛び出していて戻れずゲッツー

3回裏にも2点を追加されますが、なおも2アウト2塁のピンチには松田を三振に斬ります。

ライオンズは4回表に反撃開始。四球などで1アウト2塁とし、脇谷の2号2ランで2点差に追い上げます。

ソフトバンクは4回裏にも先頭打者が出塁しますが、続く本多のハーフライナー性のピッチャーフライで一塁走者の中村晃が戻れずゲッツー。2回裏と同じようなボーンヘッドです[わーい(嬉しい顔)]

ライオンズも5回表斉藤彰吾が盗塁を決めますが得点には至りません。

ソフトバンクは5回裏1アウト2塁としますが、二塁走者の明石が暴走して三塁タッチアウト。もらったチャンスを自ら潰します[手(チョキ)]



ライオンズは直後の6回表浅村が11号ソロを叩き込んで1点差。



森友哉のヒットと四球などで1アウト満塁とし、メヒアのタイムリーで同点として寺原をKO。



飯田優也が登板しますが、代打熊代が犠牲フライを打ち上げてついに逆転します。

高橋光成は5回4失点で降板。6回裏は高橋朋己が登板。1アウト1、2塁と一打逆転のピンチを迎えますが、去年のチーム最多安打の中村晃をポップフライに抑えると、代打吉村を三振に斬って無失点で凌ぎます。

ライオンズは直後の7回表、2四球などで1アウト満塁とし、飯田優也をKO。二保が登板しますが、2アウト満塁から森友哉が押し出し四球を選んで6-4とします。

7回裏は増田が登板。鶴岡慎也を三振に斬るなど三者凡退に抑えます。増田は8回裏も続投し、ノーアウト2塁のピンチを招きますが、3番柳田悠岐をサードゴロ、4番イデホをショートゴロ、5番松田を三振に斬ります。9回裏は牧田和久が登板。2アウト2塁としますが、最後は代打高田知季を三振に斬ってゲームセット。

4点のビハインドを跳ね返し、ここまで開幕7連勝だった守銭奴寺原に負けを付けました[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。