So-net無料ブログ作成

ヤクルト打線、三浦大輔を轟沈!! ψ(`∇´)ψ [セリーグ]


(この記事はblogの管理上、タイムスタンプを変更してあります。)

ハマスタでのDeNAvsヤクルト戦。DeNAは41歳の三浦大輔、ヤクルトはプロ3年目の和製ライアン小川泰弘が先発します。

ヤクルト打線は1回表からいきなり三浦大輔に襲いかかります。比屋根と川端慎吾の連打でチャンスを作り、山田哲人のタイムリーツーベースでまず1点。畠山が犠牲フライを打ち上げ、雄平もタイムリーツーベース。なおも2アウト3塁から荒木貴裕がタイムリーツーベースで、一挙に4点を先制します。

DeNAも1回裏に1点を返し、なおも1アウト満塁と一打同点のチャンスでしたが、倉本は犠牲フライも打てず三振、バルディリスもショートゴロに倒れます。

ヤクルトは2回表にも1アウトから比屋根と川端慎吾の連打で1アウト1、3塁とし、山田哲人の犠牲フライで5点目。三浦大輔は結局2回5失点で早々に降板します。

DeNAも3回裏2アウト1、2塁としますが、倉本がファーストゴロ。

小川泰弘は5回裏には乙坂と3番梶谷から三振を奪い三者凡退に抑えます。6回裏には走者を出しますが、続く倉本をセカンドゴロ併殺打に打ち取ります。

ヤクルト打線は8回表、この回から登板のDeNA5番手の福地元春を攻め、1アウトから四球とショート倉本のエラー(悪送球)で1アウト2、3塁とし、ピッチャー小川泰弘自らのスクイズで6点目。なおも四球と福地元春の暴投で2アウト2、3塁とし、川端慎吾の猛打賞となる2点タイムリーで8-1と一方的な試合にします。

小川泰弘は8回4安打2四球5奪三振1失点(自責点0)とDeNAの金満重量打線を完璧に封じて降板。9回裏は松岡健一が登板します。犠牲フライで1点を返され、なおも1アウト満塁で久古にマウンドを譲ります。久古は犠牲フライで1点を失うものの、なおも2アウト1、2塁のピンチに最後は山崎憲晴を三振に斬ってゲームセット。小川泰弘は8勝目です[手(チョキ)]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。