So-net無料ブログ作成

雄星圧巻のピッチング! [ライオンズ]


[猫]屋敷に楽天を迎えての試合。ライオンズは雄星、楽天は辛島の先発です。



雄星は2回表に松井稼頭央と嶋基宏を連続三振に斬るなど、3回まで4奪三振のパーフェクトピッチング。4回表に松井稼頭央のタイムリーで先制されます。元ライオンズの松井稼頭央は、これで柴田勲を抜いてスイッチヒッターとして歴代1位の安打数になりました。



なおも2アウト1、2塁のピンチには嶋基宏を三振。この回もアウト3つは全て三振です。

一方ライオンズ打線は4回裏、森友哉の三塁打で2アウト3塁とし、栗山巧が8号2ランを叩き込んで逆転。



5回裏には内野安打で出た外崎が盗塁を決め、犠打で1アウト3塁として、浅村がタイムリーツーベース。2アウト3塁からおかわりくんが敬遠されますが、続く森友哉がタイムリーを放って4-1とします。



楽天も6回表、ウィーラーのヒットなどで1アウト2、3塁としますが、松井稼頭央と代打岩崎が連続三振で得点出来ません。

それに対しライオンズは6回裏、この回から登板の18歳の小野郁を攻め、3四死球で1アウト満塁とし、浅村のショートゴロの間に5点目。さらに小野郁の暴投で6点目が入ります。この回、ノーヒットで2点です。

雄星は6回4安打1四球10奪三振1失点(自責点0)と完璧なピッチングで降板。7回表は武隈が抑えると8回表はホールドの付かない点差ながら増田が登板し三者凡退に抑えます。9回表は高橋朋己が登板し、1アウトから小関と銀次を連続三振に斬ってゲームセット。[6][1]でライオンズの快勝でした。二桁奪三振の雄星が7勝目です[手(チョキ)]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。