So-net無料ブログ作成

ヤクルト、対読売5連勝で首位に並ぶ!! [セリーグ]


昨日は富山の試合が雨天中止になった北陸シリーズの読売vsヤクルト戦。今日は金沢で行われました。先発は読売がポレダ、ヤクルトはプロ3年目のライアン小川泰弘。

ヤクルトは1回表、ヒットで出た比屋根の盗塁などで1アウト3塁とし、山田哲人のタイムリーで先制。その山田哲人も盗塁を決め、ショート坂本のエラー(ファンブル)などで2アウト1、3塁とし、ミレッジもタイムリーを放ってこの回2点を取ります。

読売も1回裏に2点を取って同点。

3回裏にも1アウト2塁と攻めますが、3番坂本はポップフライ。4番阿部慎之助もサードゴロで得点出来ません。

それに対しヤクルトは直後の4回表、2四球と川端慎吾のヒットで1アウト満塁とし、畠山の2点タイムリーで4-2と勝ち越します。

5回表にも2四球で1アウト1、2塁としてポレダをKO。田原誠次が登板しますが、送りバントで2アウト2、3塁とし、川端慎吾のタイムリーで5点目を取ります。

読売も5回裏に先頭打者が出塁しますが、片岡のハーフライナー性のファーストフライで一塁走者の隠善が飛び出していて戻れずゲッツー[わーい(嬉しい顔)]6回裏には1アウト満塁と一打同点の大チャンスを作りますが、村田修一がショートゴロ併殺打に倒れます。

しかし7回裏には先頭打者のソロホームランで1点を返します。

小川泰弘は7回9安打1四球3失点と読売の自称「史上最強打線」を抑えて降板。8回裏はオンドルセクが三者凡退に抑えると9回裏はバーネットが抑えて5-3でヤクルトの勝利。これで読売は対ヤクルト戦5連敗です[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。