So-net無料ブログ作成

読売打線、カープジョンソンに23イニング連続無得点 ψ(`∇´)ψ。坂本またタイムリーエラー(o_ _)ノ彡☆ [セリーグ]

市民球場(ズムスタ)での対読売最終戦。先発は広島がジョンソン、読売は裏金を積んで日ハムのドラフトを拒否させてまで入団させた菅野。

広島は2回裏JR東日本出身プロ2年目の田中広輔のヒットと四球で2アウト1、3塁とし、石原のショートゴロを坂本がタイムリーエラー(ファンブル)して1点を先制します。

読売も3回表2アウト2塁としますが、立岡がキャッチャーゴロに倒れます。7回表には先頭打者が出塁するものの長野がショートゴロ併殺打で無得点。8回表には1アウト1、3塁と一打逆転の大チャンスを作りますが、代打岡本和真は犠牲フライすら打てずセカンドゴロ併殺打

ジョンソンは8回5安打無四球無失点と、読売の自称「史上最強打線」を完璧に封じて降板。9回表は23歳の中崎翔太が登板し、40歳の代打高橋由伸を三振に斬るなど簡単に三者凡退に抑えてゲームセット。

唯一のチャンスを(坂本のタイムリーエラーでww)得点に結び付けた広島が、再三のチャンスを併殺で潰した読売を1-0で完封です。金の亡者菅野はこれで二桁の10敗目[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

ジョンソンは来日以来、読売相手には3試合23イニング無失点と、見事な読売キラーぶりを発揮してます[手(チョキ)]



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。